2020年07月18日

倉敷・美観地区


 大原美術館のある倉敷へは前々から行ってみたいところであった。 ヨットの上架船艇塗りで宿泊を必要としたことから、倉敷に宿をとった。 ちょうど第1次コロナの減衰期にあたり縛りが解けたので、ありがたいことに半額でホ
テルが利用できた。 上架作業を終えて夕方より美観地区を見学する。 ここ3年程に瀬戸内に在るいろいろに街並み保存地区を小生は見てきたつもりである。規模やその質はそれらに比べてこの美観地区が高いものであると思う。 今後もここを上回るものを探しても無いと思われる。

 倉敷は天領であったので、米を倉敷川を利用して集積し、江戸に船で運んでいた。 また、玉島で述べたように、この地方は綿花の栽培地であったので維新後に倉敷紡績(クラボウ)が起業して発展した。 クラボウの社主・大原総一郎が街並み保存を思いつき現在のようになる基礎を築いた。大正の時代から保存に力を尽くしたので、これほどになったのでしょう。

 欧米の美術館も最近では比較的容易に見られる状況になり、毎年のようにそこから借りてきた作品の美術展が開催されている。それで、大原美術館の見学は今回は時間的に限られたゆえに見送った。 また、年に1度は船艇塗りを行うゆえ別の機会に譲りたいと思う。



bikantiku 00.jpg
  美観地区入り口


bikantiku 02.jpg
 倉敷川左岸間所の街並み


bikantiku 03.jpg
 大原美術館


bikantiku 04.jpg
 名の知れない裏道り


bikantiku 05.jpg
 アイビ−スクエア入り口


bikantiku 06.jpg
 アイビ−スクエア


bikantiku 07.jpg
 本町街並み


bikantiku 08.jpg
 有隣荘  大原家旧別邸


bikantiku 09.jpg
 国指定重要文化財 旧大原家住宅



bikantiku 10.jpg
 中橋と倉敷考古館


bikantiku 11.jpg
 倉敷川左岸の街並み


bikantiku 12.jpg
  倉敷館


    2020-7-18


posted by 速魚 at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187707705
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック