2021年02月14日

テイム・バラ−ド.Timothy Ballard



     


tim 01.png
 救出した姉弟を養子としたテイム



 米国にいる友人が公園で子供を一人で遊ばせることなど「とんでもないこと」 日本人には想像できないことと言っていた。 米国の子供の行方不明は途方もない人数であるという。

  テイム・バラ−ドはカリフォルニアに生まれユタのブリガム・ヤング大学を卒業して国土安全保障省の特別捜査官として10年以上働いた。児童誘拐と人身売買の捜査にあたり国境の壁などにぶち当たり捜査を進めるのには限界を感じた。彼はそれまでの安定した職を辞し、O.U.R(Operation Underground Railroad)を設立して児童救出と人身売買の救出に成果をあげています。

 下記のツ−サン作戦のドキュメンタリ−動画を見るまでは全くそのことを小生は知りませんでした。 2019年に議会に呼ばれて証言し、トランプ・ホワイトハウスの官民パ−トナ−シップ諮問委員会に任命されました。 日本語のウイキにも今のところ取りあげられていないので日本ではよく知られていない人だ。暴力行為におよんでいるBMLやアンテイファがノ−ベル賞の候補にあがるのならこの人にもらっていただきたい。



  ツ−サン作戦
 https://www.youtube.com/watch?v=hSptv3-yKbU   81分



  ハリウッド映画で見かけるように特殊部隊が突入する姿・防弾チョッキを身に着け拳銃を構えている実際映像を見て、これは日本人には出来ることじゃない。現地の外国警察の協力がなければ民間で出来ることでもない。 児童だからこそ誰も否定できなくて、腐敗しているであろう現地政府の協力も得られるのが現状であろう、 成人においてもあるはずで、それの解決には地道な作業で実績を上げていく他ないであろう。 

 今回のコメの国のボス選びでエプ島での行為が、本当に調べがついて世間に出るのはいつのことであろうか。 大手マスコミはいつ取り上げることであろう。 



    2021-2-14



posted by 速魚 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188401842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック