2021年06月25日

深谷城、庁鼻和城, 東方城, 皿沼城


  


  埼玉県・深谷にある4つの城をレンタサイクルにて見てきました。

 関東の戦国時代の覇権争いは小生には興味を持てないようで、 整理して出来てはいません。 上杉だれそれが新潟へ逃れたとか、川越夜戦の戦いで北条氏が勝ち、小田原攻めで秀吉が勝つまでの間北条氏が覇権を握った程度の知識です。 ここでは詳しくは述べまい。できない。


 山内上杉氏は深谷庁鼻和城を居城としていたが、上杉憲国の時代に深谷城に居城を移した。 1573年上杉憲盛のときに北条氏に属した。秀吉の小田征伐のときには深谷城主の氏憲は不在で深谷城を開城した。





kobanawa zyo  01.jpg
  深谷周辺城地図



  深谷城 



hukayazyo 23.jpg
 深谷城 想定図

 



hukayazyo 21.jpg
  深谷城跡公園



 深谷城は城跡公園の模擬塀がそれらしく感じられるが堀も埋められており、 かってを偲ぶものがない。 残念である。 訪れた時は中学生の写生の事業がおこなわれていて、あちこちに若い人の賑わいであふれていた。

 外堀の跡があるとのことだが、訪ねることはできなかった。





  庁鼻和城・こばなわじょう



 庁鼻和城は関東管領・山内上杉憲顕(のりあき)の6男である上杉蔵人憲英(のりふさ)により、新田義貞の子・新田義宗に対抗するために築かれた城です。山内上杉氏の分家・庁鼻和上杉氏(のちの深谷上杉氏)の居城として使われましたが、1456年(康正2年)、上杉憲房が深谷城を築いて本拠を移したことに伴い廃城となったと思われます。現在城址は憲英によって創建された国済寺の境内となっており、歴代当主の墓があります。入口には「庁鼻和城舊里之碑」と書かれた城址碑が建てられています。



hukaya zyo 50.jpg
 国済寺にある案内板


hukaya zyo 51.jpg
  土塁


 

   東方城・ひがしかたじょう


 東方城は深谷城を防衛する支城として、皿沼城や曲田城とともに深谷上杉氏によって築かれた城です。矢井伊勢守重家の弟、若狭守重任が城主をつとめたと伝わっています。1590年(天正18年)に徳川家康が関東に入封すると、戸田松平家の祖となる松平康長が一万石で入城しますが、1601年(慶長6年)に康長は白井藩に加増移封されたため、廃城となりました。現在城址には案内板が設置されているほか、土塁や空堀などの遺構が残っており、土塁跡近くには「史跡東方城塁跡」と書かれた標柱が建てられています。また近くの全久院に松平康長の五輪塔があります。



hukaya zyo 60.jpg
  案内板

 

hukaya zyo 61.jpg
  土塁


  国道263の脇にある。 城跡の一部は保育園になっていた。 子供たちのにぎやかな声が聞こえる。 土塁がぐるりと残っていたので歩いて廻ることができる。







  皿沼城・さらぬまじょう


 深谷上杉氏の家老深谷上杉氏の家老の一人岡谷加賀守香丹、清英父子の居城といわれています。延徳3年(1491年)古河公方との抗争に備えて築かれたと伝えられるという。

 訪れてみても城跡の案内板があるのみで、ここがそうなのかと思うばかりである。


 

hukaya zyo 70.jpg
  皿沼城の案内板  石碑は放水路記念碑




hukaya zyo 71.jpg
 


   2021-6-25

posted by 速魚 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188789987
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック