2021年06月28日

館林城 と 館林散歩

   
    

tatebayasi zyo  03.jpg
  館林城と惣構


  徳川家康が関東に入府したとき、各地の要所に主要な家来を置き城と城下町を作らせ防備を固めた。その一つが榊原康政が築いた10万石の館林城と町である。1661年には家光の4男・綱吉が25万石でここに入封した。 そして彼は1680年に5代将軍になる。


  東部伊勢崎線の館林駅より友人に導かれてタクシ-で向井千秋記念館に向かった。 そこは天文台を思わせるような建物がある。 しかし、それからは想像できない館林城の本丸のあったところである。 城好きの老人にはこの建物は新地の大きな道路わきに立つべきものであると思われる。 そこと田山花袋記念館の間を抜けると土塁が見られる。八幡社がありその地は八幡郭の地である。本丸、八幡郭、南郭には堀で隔てられていたが現在はこの城の堀は多くは埋められていてその幅も現在の道路幅よりは大きくあったように見受けられた。

 

tatebayasi zyo 04.jpg
   八幡社

 八幡郭には明治まで続いた秋元家(1836-1869)の別邸がある。明治期の建物らしく欧風な感じもして中を見ることはなかったけれど、趣深い建物である。



tatebayasi zyo 05.jpg
 旧秋元別邸  八幡郭にあると思われる



 尾曳橋に続がる道路から尾曳稲荷の旗が見られたのでそこへ行く。 稲荷郭のあった位置である。 同じように本丸、稲荷郭、外郭は堀で隔てられていたが、現在は埋められている。



tatebayasi zyo 06.jpg
 尾曳稲荷神社



 稲荷郭には旧モスリン事務所(第2資料館)や田山花袋旧宅など興味深い建物が見られた。



tatebayasi zyo 07.jpg
 旧上毛モスリン事務所





tatebayasi zyo 10.jpg
  旧田山花袋宅



 2の丸には館林市役所が建っている。 本丸との堀は埋められているが、大きな広場がある。同様に3の丸との間も埋められている。 3の丸にある第一資料館は図書館の中にあります。 展示物に城郭模型があり、それを見ると良くわかります。


tatebayasi zyo 11.jpg
2の丸にある 市役所



 3の丸にある土橋門は復元されたもの。 この辺りには土塁などよく残っていて唯一城跡の風情が残っているところである。




tatebayasi zyo 122.jpg
  土橋門


  土橋門を出て分かりにくいけれど敷石がひかれた道路があり、それが歴史の小路と呼ばれている。 そこを駅に向かって歩いた。  途中で田中正蔵記念館、武鷹館、長屋門、見番組合事務所,などを訪ねて館林駅に着いた。





tatebayasi zyo 13.jpg
 田中正蔵K記念館  足尾鉱毒事件を戦う




tatebayasi zyo 14.jpg
 武鷹館 旧館林藩士住宅   尾曳町から移転した中級武士の宅





tatebayasi zyo 15.jpg
  長屋門  豪農松澤家から移築





tatebayasi zyo 16.jpg
  見番組合事務所  芸者置屋組合事務所





  昼食は館林名物のうどんを食した。 午後は惣構えの中にある町人町を散策する。 江戸口から佐野口に至る日光脇往還を歩いた。立派な案内パンフレットがあるが、実際にあるいてみると見るべきものが見当たらず、期待倒れであった。 江戸口は単なる交差点で碑も無く地図で推測しないと分からなかった。ひたすら熱いなかで車の行きかう道路脇を歩く。これが本当の日光湧く往還・道路であるか。 佐野口は土塀と堀が分かり古図どうりであった。





tatebayasi zyo 20.jpg
 江戸口




tatebayasi zyo 21.jpg
 佐野口御門跡石碑





tatebayasi zyo 23.jpg
  佐野口  あたりの土塁と堀



 市立第一中学の敷地の北西角で直角に土塀と堀は曲がっている。 校舎内であるので立ち入りはできないが、ここらあたりは良く残っている。



tatebayasi zyo 50.jpg
 中学校の北西角



 中学を過ぎると間もなく堀が埋められていてたどれなくなった。 地方道前橋館林線の道路(古河往還で大手門へ繋がる)脇に太田口門跡石碑を見つけた。



tatebayasi zyo 24.jpg
 太田口御門石碑



 愛宕神社、 感性寺、 覚応寺、 応声字とお寺の集まる地域を歩く。 応声寺ではお城から拝領した城鐘を見た。



tatebayasi zyo 30.jpg
  愛宕神社





tatebayasi zyo 27.JPG
 応声寺  鐘楼堂  城から払い下げられた鐘



  ほどなく、館林駅に着いた。 朝9時から昼食をはさんで午後3時までの館林散歩となった。

 館林の惣郭は湿地・沼地の台地上に作られていたのが分かった。 堀の外側は一段と下がっている。 歩いていて高低差に注意すると境目が分かるようである。

 外郭の北側の総郭にある加法師口、下戸張の城への門口は確かめられなかった。友人もここに住んでいるので、また、訪れよう。



     2021-6-28


posted by 速魚 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188797395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック