2013年02月08日

学区制・高校入試


 愛知県の私ら団塊世代のころの高校の学区制は尾張と三河の大学区制でした。他もそうなんだろうと考えていましたが、大学で北海道の友人に聞いたところ、札幌では小学から高校までは一緒の小学区制でした。
友達の輪が続いているわけで、うらやましく感じました。人生では大学区制でなりがちなブチ切れの人間関係より、幼稚園以来の関係のほうがなんと豊かでありましょか。

  大学区制は入試の効率のみをを求めた制度でしょう。長い人生では小学区制に分があると思います。
全国で10の道州制で教育を分割して、おのおの個性を競い合う制度にしたい。特殊な分野でその州にないものは例外としますが、ほとんどは このサイズなら存在できると思います。

 高校入試自体は人生に無駄なものとして廃止したらどうでしょう。大学時代にエネルギーが集中できるシステムと他の能力を持っている人々のそれを集中してできるシステム構築が求められます。

    2013-2-3

  教育の機会均等
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#教育機会均等
  奨学金改革
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#奨学金改革
  学制改革
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html





posted by 速魚 at 17:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: