2013年02月09日

相続・老人資産

老人資産を若い世代に!

統計的な数字は忘れたけど、預貯金の量は圧倒的に老人世代に多い。30−40代はあまり貯金をできないし、持っていないようだ。 そこで70歳以上の1000円を超える預貯金には1年定期の利息と同じマイナス金利を支払う。同時に1000万円以内で介護・病気・葬儀関連費用の支払いに限定した利息非課税のマル優貯金を設ける。

相続税の改正も行われるようだが、税金でお役人に分けのわからない使い方をされるより、これを契機に若い世代へ生前贈与を促したい。子供も孫も大した預金もない老人のたわごとでしょうか。
生前贈与税の子供1人につき1000万円までは無税にしなければ機能しません。補足します。

   2013-2-9


  理想の保険制度 4.1案
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1014.html#理想健康保険
  若者よ声を出せ、行動せよ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#若者よ
  金の小分け
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#金の小分け









posted by 速魚 at 12:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: