2013年02月09日

不動産取引の規制 好況時にこそ!

 景気の良いときこそ規制が必要!

  アベノミクスの影響です。株が上がり、円安になっております。今までの通貨担当者が円高で断固とした処置をとりますと会見をすると、ますます円高になったとは大いに今回は違いますね。景気の気は気分とはよくいったものです。経済は作られるもので、どこかで多分アメリカでシナリオがあるのかもしれません。アメリカの円安批判がなぜかドイツと違って聞こえてきません。
 
 ドバイや中国の、そうそうリーマン前のアメリカでの不動産の例、かってのバブル時代の日本でもそうでしたが、好景気の最終局面では不動産がバブルになり、破たんして終え、不況になります。必然の流れでしょうか。日本のように長い長い停滞期を避けるためにも、不動産の急激値上がりを防ぐための処置は必要です。
 例えば年に30%も値上がりした地域には譲渡税を倍にあげるような処置です。どちらに上下するにしろ激変を避ける処置をするべきです。
まだ日本では不動産が上がってきたわけではありませんが。念のため。

    2013-2-9

 追補

 中国人が日本の不動産を買っていると報道されるようになりました。彼らは自国の政府と通過を信用していないので世界中で投資している流れのひとつでしょう。現在の日本は不動産は必要以上に落ち込みすぎの感は
ありますが、異常な変動が起これば規制するべきでしょう。庶民としては購入した価格までは上がってもらいたいと思っていますけれど。

   2015-5-5

   中国のバブル崩壊
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1039.html#中国バブル
   賃貸住宅供給過剰
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#賃貸供給過剰
   財政破たん後の先例
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政破たんの先例



posted by 速魚 at 17:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: