2013年02月09日

宗教のくびき

  信長に感謝.....

織田信長は世界史的な貢献をしました。日本は織田信長が旧教的な比叡山と新教的な本願寺を殲滅してくれたおかげで,その後は宗教的な影響から逃れてきました。神式結婚式,仏式の葬式、クリスマスのキリスト式など自由自在です。
まだ現在の日本が特殊です 。日本に多神教世界が古来あったし、いまでも影響されている理由からかもしれません。ローマは1日にして成らず、ロ-マは多神教より一神教にして滅亡した。

今アルジェリアの問題が起きましたが、世界史的にイスラムの問題を解決するには、まだ100年はかかりそうです。キリスト教でも宗教改革で何百万人の人がなくなり、19世紀でも魔女狩りをしていました。無神論になる必要はないかもしれませんが、穏やかな宗教とつきあいたいものです。

信長や秀吉の前で弾かれたというナルバエスの皇帝の歌、ジョスカン・デ・プレのミューリグレーという曲の楽器用編曲です。当時のスペイン国王カール5世が好んだという曲です。

  ナルバエス  皇帝の歌  ビウエラ演奏 ジュリアン・ブリーム  3.2分
  https://www.youtube.com/watch?v=cWxDG-f8OQc



  はやめによる船中発策の宗教のページへ

   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1026.html


    2013-2-9


posted by 速魚 at 17:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: