2013年05月11日

長期休暇 ワークシェアリング

    ヴァカンス幻想  

  日本ではこのままでは、欧米並みのヴァカンス制度は実現することはないようですね。
せいぜい連休の谷間を埋める休日を考える程度でしょう。
 戦前にこれはワークシェアリングの考えで始まりました。欧米ではこれなしの生活はかんがえられないものになっています。不況になってもこれを見直すなどという話は一切聞こえてきません。
 民主党の誕生で期待しましたが、出来もしなかったマニフェストにさえ載せられることはありませんでした。アベノミクスでもダメですね。 何か休みに対しての文化的な違いがあるのでしょうか。年に2週間の連続休暇程度の欧米からみても低い水準を実現できたらとおもいますが、それが無理なら35-40才くらいの期間に、再学習やリフレシュのため、育児のため、親の介護のためなど理由を問わずに、半年から1年くらいのミドル休暇の制度を創設してはどうでしょう。有給期間は2-3か月でもいいです。起業にとっても役に立つ制度になるとおもいますが、幻想でしょうか?

    2013-5-11

       
    EU 労働市場の現実
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1020.html#EU 下請け
    同一労働同一賃金
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1020.html#同一労働賃金
    超絶成長戦略 4.1案
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#超絶成長



posted by 速魚 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67023354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック