2013年05月11日

議員候補者を選ぶ



 もうすぐ参議院選挙です、大都市での首長選挙も行われています。前回の民主党の衆議院惨敗を見て、その後の離党者続出を目にするに及んで、候補者選びは選挙する側にとって大事ですね。
 かって松下村塾を萩で実際に見ました。ええこんな小さい建物なのと驚きました。似たような名前の政治塾から多数の議員が選出されております。個人名は挙げませんが、期待外れも甚だしいと個人的な感想をもっています。そこでは20万ほどの給与をもらって保障されて勉強しているようです。議員になるまで実社会の経験のないままの人が多いようです。政治家になりたいという自発性も必要条件のひとつであるのは、間違いないのですが、なったら目的達成で何をやりたいのかわかりません。大都市の市議や県議レベルでは名士のレベルの給与が保障されているので、地位の保持が重要で何もしないのでしょう。
 民主党の地方レベルの候補者選びを見聞きしたことがありますが、追い風を受けて若くてなりたいという人々の印象でした。何かを実際にしていてその業績が評価されて、候補者に選ばれるということではないようでした。なりたいより、ならせたい候補者を選ぶべきでしょう。
志が大事だと思っておりますが、これもこれで選ぶのはまた難しいです。
 小沢さんが若くてなりたい多くの女性議員を養成しましたが、これも期待外れでした。数は力でしたが数だけでは何もなしえませんでした。

     2013-5-11


    参議院改革
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#国政
    2世議員を選ぶ
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#2世議員
    衆愚政治
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#衆愚政治

             
    

posted by 速魚 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/67039459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック