2013年05月27日

アフリカ支援の懸念


横浜でアフリカ開発会議が来月開かれます。ミャンマーの大判振る舞いが決まったので、アフリカにも盛大なお土産を用意しているのかと、懸念しております。アフリカの現状に問題があるとすれば、根本原因を作ったのは、それを植民地にした西欧諸国です。日本は指1本汚しておりません。ヒューマニズムも大切かもしれませんが、西欧諸国を差し置いて日本が乗り出したとすれば、お人よしにもほどがあるというべきでしょう。中国の進出がすさまじいと聞きますが、資源を求めての中国の国益にかなったものです。日本は西欧米・中国の次の3番目でいいのです。かわいそうで援助するのは少額で、必ずアフリカに関してはコスパでしっかりと計算した援助にすべきです。外交がオソマツすぎるので、北朝鮮から外交顧問を迎えたいほどです。外務省の改革が必要です。

2013-5-27


ミャンマー援助

 安倍首相がミャンマーに行っています。今日の報道で5000億円の借金をチャ
ラにして1000億円の援助をするようです。1000兆円の借金がある日本で
こんなに大判振る舞いができるのでしょうか?国会の審議もなく、5000億円も
の大金を決めることが正当なことと思われません。法的にはどうなっているので
しょう。
 拉致被害者2人が帰ってくるのどうのという報道がありますが、前回の5人の
ときは1兆円(?)定かではありませんが、支払ったという話があります。小出し
に拉致被害者を返されて一体いくら支払うことになるのでしょう。身代金の支払
いとはいわず、何らかの賠償とか援助と言って支払うのでしょう。
 500年間のインドネシアを植民地にしてきたオランダは賠償をしたのかと、
オランダ人に聞いたことがあります。その人は賠償してはいないとの返事でした。
浅学な小生ですが、イギリスが植民地賠償をしたということを余り耳にしていま
せん。  ミャンマーの場合は今まで影響力を行使していた、中国を排除する外交
目的もあるのでしょうが、援助・支援・協力等どのような名目でも一定以上の金額
を出す場合には国会議決が必要な整備が急がれます。

                    2013-5-26

    追補

 今週末にバングラデシュとスリランカに安倍さんは外遊しています。お忙しいのに
大変なことだと感心しています。病気あがりなのによく体力が持ちますね。
 しかし、また6000億円ものバングラ援助を決めてきました。どこにそんなお金が
あるのでしょう? 国会で議論された報道も耳にしません。こんな大金を首相の独断
できめられるものなのでしょうか?対中包囲網の外交には異議がありませんが。国
民無視の独裁のようにも見えてきます。被災者は相変わらず仮説住宅です。政策に
優先順位をつけていただきたいものです。

               2014-9-8


外務省改革
    http://hayame2.sakura.ne.jp/new1003.html#外務省改革
    杉原千畝
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#杉原千畝
    欧州情勢は複雑怪奇
    http://hayame2.sakura.ne.jp/new1003059.html#欧州複雑怪奇





posted by 速魚 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68438996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック