2013年06月03日

エネルギー争奪戦と海難事故


    yuyou1.jpg
     第10雄洋丸


  昨日のNHKスペシャルで原発事故以来のガス需要の増加に対しての、燃料費の高騰についての番組がありました。日本プレミアムと称せられて、相場より高いものを輸入しているようです。金融危機のときにも日本の銀行のみに高い金利がついたのも、思い出されます。
価格交渉がヘタなのでしょうかね、エチオピアのコーヒー豆でも高く買っているということを最近知りました。小麦の輸入にはまとめて一元化するシステムがあります。石油・ガスの国が関与した輸入の窓口をひとつにまとめる。そこで独占的に交渉し有利に購入すべきでしょう。最近の円安の折、大事ですね。

 番組を見ていて思い出されたことがあります。それは東京湾で第10雄洋丸が衝突して火災を起こし、最後は消化できずに軍艦で砲撃して沈めた処理をした事件です。1974年のことで皆さんはお忘れでしょう。これはLNGを積載したタンカーでした。シェールガスも輸送するためにマイナス160度に液化
(LNG)します。もし事故でタンクに穴が開きガス漏れしますと、常温で600倍に拡大します。これに火がつけば原爆並ではないかとまで言われています。外航日本人船員が消滅しましたが、重要性ゆえに日本人船員で運航していました。現在は不明。日本の船会社も想定外とはいわず、災害訓練はしています。原発で外部電源喪失の訓練はしていなかったように、どれくらいの想定でやっているかは重要です。他に大事なことは延焼を防ぐ意味で近くにコンビナートがあれば危険です。また船舶の輻輳する航路を航行して入港するような立地は避けるべきです。具体的には東京湾や瀬戸内海等です。外洋に面した僻地に作るべきでしょう。これも1度起こると原発並みの事故だと認識して対処するべきでしょう。

    2013-6-3


    護送船団
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#護送船団
    コンテナー船破断事故
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#コンテナ船破断事故
    海事保安プログラム
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#保安プログラム




posted by 速魚 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68761419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック