2013年06月07日

口座監視


  警察庁は銀行口座の継続的な監視などを金融機関に義務とするための法改正を視野に対策を検討するという記事がありました。法改正のために、記者を使ったいつもやるような世論の地ならしのための記事かもしれません。
海外送金をする機会が先月に何度かありましたが、テレビ送金でも1時間はかかります。デスクの対面扱いだともっと時間がかかります。銀行も1件につき4000-5000円の手数料では時間とコストがかかりすぎです。またお客様にも海外送金をしていただきましたが、銀行より2度も問い合わせの電話があり、翌日に郵送で説明書類を銀行へ送付しました。お客様の送金の翌日には現地へ入金しており、例え銀行が疑念を持ったとしても、単なるお役所的な事務書類を整えただけです。資金洗浄をやるような、まだ日本ではまだ例外的なワルは、なんでもやるので、実質的な意味はないでしょう。
日本のお役所はよく自分がしなければならない仕事を関係業者に負担させようとします。金融機関はバブル崩壊後に立て直しのために、様々な事務の合理化をやってきました。税金を投入してツブれずに済みました。断りにくい雰囲気でしょう。銀行本来のバンカーとしての仕事に専念させましょう。何のための国民番号制度の方案が可決したのでしょうか。


    2013-6-7

   情報管理責任者の資格
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#情報管理責任者
   官房機密費の使い方 
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#官房機密費
   マイナンバー制度
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#国民番号


posted by 速魚 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68985923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック