2013年06月22日

コンテナ船が破断で漂流


mol comfort.jpg
破断したコンテナ船


商船三井の80000トンコンテナ船がインド洋で破断して船首と船尾部分に分かれて漂流中です。今回の乗組員はロシア人12名ウクライナ人1名以上士官と思われる、フィリピン人部員12名合計26名です。無事救助された模様。もうこのような巨大なコンテナ船の主力船隊でも日本人は乗っていないのですね。
 思い出されるのは昭和44-45年に起きた鉱石専用船カリフォルニア丸とボリビア丸が同じような事故で沈没した海難事故です。カリフォルニア丸の船長は「みんな行ってくれ わしゃ残るわ」と退避下船を拒否して殉職されました。ネットでこのことを知り、船乗り人生を過ごしたものには、こみ上げるものがありました。
 このコンテナ船は就航以来5年の新しい船です。初めて高張力鋼を使った船として知られています。今までの材料ならこの大きさなら15ー20mmぐらいの鉄板を使っているはずです。原因は海難審判庁で追及されますが、(バハマ船籍のようで日本船籍でなければないかも?)材質が薄くなったのが原因かもしれません。カリフォルニア丸のときは高度成長期で造船所も受注が多く、ズサンな工事があったとも聞きます。以後では、鉱石の積込みには部分的に過度な強度をかけないよう配慮するようになりました。


       carifornia maru.jpg
       カリフォルニア丸


 これらの船よりはサイズは小さいですがコンテナ船もバラ積み専用船も乗った経験があります。過去に身近にあったので、見につまされます。

2013-6-22

  コンテナ船破断と積荷疑惑と日本船の将来
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#コンテナ積荷疑惑
  エネルギー争奪戦と海難事故
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#雄洋丸
  海上保安プログラムの制定
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#保安プログラム
  映画 キャプテインフィリップス
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1037.html#cap フィリップス




posted by 速魚 at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/69819500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック