2013年07月06日

船中八策


 小生のブログの名前です。検索をしてみると、どれも、もしかして船中発作では?と聞いてきます。まあそんなもんですね。竜馬とヨット好きから作ったわたしの造語です。幸い本物の”船中八策”の検索に引っかかり、ついでに見ていただいております。 小生の生まれつきの性格で、8割できると満足してしまい、深く追及できない性分です。悪しからず。

 中国のバブル崩壊が迫っております。リーマショックの比ではないでしょう。これをきっかけに、アベノミクスはもちろん吹っ飛び、日本の財政問題が浮上して、ハイパーインフレになるかもしれませんね。戦後の苦しい時代のやり直しですか。災害多発の打たれ強い国民性ゆえに、立ち直りできますが、毎回毎回ご破算に願いましてとやるのはゴメンです。

 参議院選挙の最中です。投票したい政党も見当たりません。こんな政策の政党が欲しいと優先事項順に ”船中八策” をまとめてみました。具体的には各ブログをごらんください。この後に無いものは追加で載せるつもりです。

1. ”財政再建” 1 000兆円の借金をせめて半減する。そのため10%の売上税の導入。80兆円の予算が組めるということなので、その範囲で支出を抑える。
 
2. ”公務員改革” キャリア採用制度の廃止。30歳初任とする。局長級人事は4年の限定雇用とする。もちろん内閣で管理する。地方公務員も同様の改革をする。

3. ”税制改革”  所得税・法人税の最高税率は20%とする。これは売上税とのセットとなります。10年に1度の回数で全員の税務調査制度採用。給与所得者の申告制採用。いかなる所得でも差別をつけない、譲渡所得の総合課税。税負担は金納のみではないので、老若の世代差別のない労働負担を創設する。番号制度の採用により個人企業とも納税記録を作成し、国からの援助を受けるときは実績により限度を設ける。農地の他への転用売 却には過去10年分の宅地課税を実施する。耕作放棄地の接収して国有地にする。

4. ”福祉改革 ” 国保への統一、すべての民間の組合健保を廃止して、県単位への統合効率化をはかる。年金は基本6万円として、2階部分は国民年金基金を活用して本人の積 み立てとして管理する。企業がそれに出すのはもちろんありです。6万円で老後を暮せるため、リゾートアイランド介護・刑務所介護の創設。生活保護は年金との整合性をはかり、金銭給付は6万円とする。あとは居室の提供とする。医療補助は1割負担とする。財政は国の全額支給とする。事務は地方負担とします。生活保護の開始まで3か月の期間を設けて精査する、その間は緊急避難のシェルターハウスを設け、居室と食事を無条件で提供する。借地借家法の改正。

5.”外交・安全保障” 予備役の充実と郷土防衛隊構想。同盟を充実して日本の米軍基地を海陸空軍と海兵隊の4つに縮小整理。外務省改革・在外公館の半減整理、課長以上の半数のを他の省庁と交互に交代。海外援助費の100億円以上は国会審議を得る。国連分担金は常任理事国以上には負担しない。情報部門を統合管理する情報庁の創設。海外緊急援助隊の拡大組織の創設。

6.”教育改革” 学区制の改革 5-3-3-3-5制、私学助成の廃止、国立大学の授業料無料化ないし大幅減額。 海外留学の充実。国立大学の成績優秀者3割程度へのの生活費の支給。デカンショ時代の再現、社会人の再教育を両輪とする教育。

7. ”雇用改革” 最低賃金を1000円にする。2週間程度のバカンス制度の採用。大卒限定採用の募集を禁止に。職務給を採用し、同一労働同一賃金を採用。派遣労働の禁止。フルタイムかパートタイムだけの区別に。年金・保険は雇用形態にかかわらず、全てから徴収。35-45歳の派遣労働者のキャリア教育と一定数の正社員採用の義務化。

8. ”国政改革” 参議院選挙改革・廃止または選挙制度の改革へ、年代別・高額納税者により選出。道州制にする。 国は外交安全保障の限られた分野に限定。首相公選制の採用。地方検事と保安官を選挙で選出。農水省を廃止して産業省へ統合。 主要企業に利益・投資の1/3を国内へ投資させる。

2013-7-6




はやめによる船中八策ページへ
http://hayame2.sakura.ne.jp/list1.html
参議院改革
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html
  2014年大晦日 老人の憂鬱
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#脱走兵
  財政破たんの先例
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政破たんの先例








posted by 速魚 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70579781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック