2013年07月15日

ナンバー制度と納税・援助・補助金・支援


  ナンバー制度ができました。どのように運用するかの問題です。両刃の剣とか何とかの使いようといいます。
 納税口座(地方税も含む)を国民ひとりひとりにもたせるとかナンバー制度を利用して法人・個人の生涯にわたった納税と受けた支援金を記録すべきである。人生順調にはいかないこともあります。失業手当、障害手当、住宅購入補助金など国を介した援助があるでしょう。でもその収支は記録します。為政者はこんなに、はっきりすることを嫌うかもしれません。払う側も目にみえるので、意識改革になります。企業・法人の節度のない補助金要請もなくなるでしょう。

     2013-7-15

    
  国民番号制    マイナンバー、国民背番号、グリーンカード......?

  名称はともかく、現在は各省で用途によりいろんな番号を振って管理しています、統一的に管理するのが効率的で費用も安いのは明白です。やるならパスポートや免許も統合して残さず管理してほしい。
 問題は情報の漏えいで、これは想定内のものとして、最高刑は死刑も含めて厳罰で対処することを同時に決めるべきです。
 確定申告も終わりました。盛んにetaxとテレビで宣伝しておりました。
毎年国税庁のHPより確定申請書を作成して、提出しています。頼みもしないのに、いつのまにか税金申請書類は送ってこなくなりました。費用は大分節約できたでしょう。しかしその作成で印刷画面になるとパソコンで表示されなくなり、進行できません。しかたなく市役所に走って書類をもらいました。奇跡的に続がったサポートでも解決できません。これってお役所にとって最も大切なことではないのですか?徴税に係わることですよ。 ウインドウズ8は昨年の12月に発売されました。2か月はあったはず、ウインドウズ7でもできません。最後に奥にあったビスタのパソコンで可能でした。天下り団体のソフト業者を使っているからでしょうか。ゲームのサポートサービスの対応がこれだと、売れません,倒産しますね。
 今度の番号制もこのことから、相当混乱するのは必定です。でもいつかは番号制度は必要です。グリーンカードというと現在はアメリカの就労ビザのことだと思われております。しかし確か85年代に1兆円余りの予算を使ってコンピューターセンターなども作ったと記憶しております。くれぐれも今回は無駄の無いようにしてください。

       2013-3-26


    
   補助金交付を直接個人へ
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#補助金個人支給
   法人税減税と納付率
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#法人税減税
   理想の健康保険 4.1案
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1014.html#理想健康保険





posted by 速魚 at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70935398
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック