2013年07月24日

最低限のセーフテイネット



空き缶デポジット 

 空き缶やペットボトルに5円程度のデポジットを支払い、お店に返却すると、払い戻しする制度の創設です。リサイクルのさらなる効率化が目的ではありません。今でもゴミ出しでラベルとフタをはずしてペットボトルは分別しています。少し景気が上向いてきた気分ですので、派遣切りで大騒ぎをした頃を忘れかけています。中国のバブル崩壊でまたやってくるかもしれません。個人の事情により生活保護の制度を受けないで頑張っている人もいます。家なき子でも自活して最低限度の生活をしていけるようアシストする制度です。この理由を前面にだすと、返って反発する人もでてくるかもしれません。環境問題でやるんだといったほうがいいのでしょう。子供が大量にもってきて返金をうけるのは、制限すべきでしょうね。

シェルターハウス 

県に一つ程度のシェルターハウスを作ることを提唱しています。3か月はいかなる理由でも食事と居室を提供される設備です。餓死する人も時々ニュースになります。最低限の歯止め施設です。
 これには公務員宿舎を廃止して充てたらどうでしょう。現況では給料が3割程度民間より高いと思われます。自衛隊の隊員宿舎でもないかぎり、単なる給与補助なら必要ないですね。貸室は借りて市場で困ることはないです。年金で大量の保養施設を作って、それをメチャ安で払い下げたことがありました。閉鎖したホテル・保養所・公団の空き部屋とか利用できるものはたくさんあります。

気持ちに余裕のできつつある今こそこれらを普及して設置しておくべきです。

  2013-7-24


 生活保護
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1014.html#生活保護
  共稼ぎ支援を中心に
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1014.html#共稼ぎ支援
  ベイシックインカムがおもしろい
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1014.html#ベイシックインカム


 




posted by 速魚 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71307876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック