2013年07月28日

高校の歴史教科書


deeojapan.png


 本屋さんで”東大のデイープな日本史”という本を見つけました。もちろん東大を目指しているのではありません(笑)。他大学の入試問題はどうなったんでしょうね。老人になった小生が何10年前かに受けた低流大学の問題とは明らかに違っていました。これだと暗記ではない相当な認識を要求されます。

 この年になるまで歴史好きで来ました。しかし高校の時の世界史の教科書はひどかったです。世界史なので量的なものが多くなるためもあるのでしょう。受験のための歴史語彙が羅列してあるばかりで、すっかり歴史が嫌いになりました。 成人してヒッテイの”アラブの歴史”を読み、こんな教科書なら若い時にもっと歴史が好きになったでしょう。友人に薦めたらすっかりアラブ通になりました。世界史は今の高校では受験に必須の科目の位置にあるようです。高校の歴史をもう少し細分化して、日本史・ローマ史・アラブ史・西欧近代史・中国史などひとくくりで学べる意義のある単元に区切る必要があると思います。高校程度の知識であれば、抜けた部分は自分で十分に補えます。たとえばローマ史だけ丁寧に学べば人生に役立ちますね。

  高校の音楽と人生の楽しみ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#高校の音楽
  高校のクラブと美術
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank003.html#美術top
  デカンショ時代の再現
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#デカンショ
  十字軍物語 塩野七海
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1026.html#十字軍2



posted by 速魚 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71447932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック