2013年08月09日

高校生のアジア留学


 スズキがインドネシアに新しい自動車工場の新設を発表しました。年20万台の生産から拡大していく計画です。何か月か前に本田が埼玉に作った自動車工場が最後の日本工場と言われています。
 最近の貿易収支も赤字続きで、海外の工場で作ったものを輸入するアメリカ型の経済構造になったようです。 もう日本では、今まで高卒を必要としていたレベルの就職は無理ではないでしょうか?
 現地の工場をマネージメントできる人材を育てる必要があります。留学は欧米の英語圏に偏っているようで、アジアに送る必要があります。そこで高校・大学の一貫教育の留学として、タイ、マレーシア、バングラディシュ、インドネシア、ベトナム、ラオス、カンボジア、インド、各国へ100-200人程度の日本人留学生を送りましょう。学費・生活費は全額支給です。この小生のHPで留学生の奨学金問題を提起していますが、中国人の日本語学留学生にまで学費・生活費をだしているのは無茶です。その学費や滞在費用は試験でもしてレベルの高い人に限定すべきです。速やかにこれを廃止して日本人のアジア留学に税金を使うべきです。


           2013-8-9


    奨学金改革 1と 追補
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#奨学金改革
    哲学と国際競争力
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#哲学と国際競争力
    メデイチ家のパトロネージュ
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#メデイチ家芸術




posted by 速魚 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72143216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック