2013年08月11日

護衛艦”いずも”進水



       izumo.jpg
    空母型護衛艦 いずも



  艦隊運用を前提とする、”いずも”が進水し艤装工事にかかりました。旧軍の空母のサイズと比較します。

         全長(M)    全幅(M)       搭載機数 
いずも      248       38         ヘリ 14機
加賀       248       32            75機
飛龍       227       22            59機
ヨークタウン   246       25            87機

要目を比較して見れば一目瞭然のようにりっぱな空母としてのサイズを持っています。スキージャンプ台を取り付けて改造し、F35Eを載せれば立派な空母になります。集団的自衛権の見直しで、シーレーンの安全確保できるよう検討している発言もあるので、ペルシャ湾や東シナ海での運用もあるでしょう。
かって戦車を特車と言っていました。主力戦闘機から爆撃装置をはずして改悪したり、軍艦に護衛専用の艦種が存在しないのにもかかわらず護衛艦と今でも称しております。このような欺瞞はこの際になくしましょう。特に軍艦は前の大戦でもそうであったように、建造に時間がかかり、相手とのバランスを維持して抑止力としなければなりません。従いどのような戦略を描いて建造計画を立てているのかに関心をもたねばなりません。今はこのあたりに政治がどのようにタッチしていのるか見えません。これが懸念です。おまかせで自衛隊に任せていると、旧海軍のようにアメリカを仮想的として壮大な建艦計画で莫大な予算を使った関係で、いざとなって戦えませんと言えずに戦争突入です。


       2013-8-11

「いずも」は垂直離陸機能を持った戦闘機を着発艦できるよう軽空母け改装作業をしています。

      2020-8-17


    
    西ドイツの予備役と冷戦の終結
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#軍事安全top
    郷土防衛隊
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#郷土防衛隊
    安保法案 緊急提言
    http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#安全保障 強行採決前に




posted by 速魚 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72297800
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック