2013年08月14日

官僚の志



   kasennsiki 1.png
  公演案内板


   
     kasensiki 2.png
  河川敷の公園



  震災の復興予算の心無い使われかたで、大きな非難が起きました。法的な体裁を整えているので、お役人にとっては心の痛みが無いのでしょう。
 昨日に地元の荒川沿いにある国有河川敷の公園に行ってきました。これは今回の大震災の後で工事が始まりその年の秋に完成したものです。盆休みの昨日は駐車場に車3台駐車、自転車2台駐車、見渡して人数を数えると10人位の利用です。復興と被災者に効率的な予算をまわさなければならない当時に、あまり利用されない必要のないこのような公園を工事しておりました。これも予算がついてその年に執行しなければならないので、黙々とやったのでしょう。でも予算とマンパワーの無駄使いです。復興予算に振り替えるべきでした。この程度のことは全国に多くあったのでしょう。
 官僚の明治以来の統治システムを変えなければと思うのはこういうことが止められないからです。当時の政権民主党のイニシアテイブもなかったのでしょうが、しかしこの工事にかかわったお役人にはこの工事を延期するなり、中止する気持ちがわいてこなかったのでしょうか? そう思っても進言したり。提案したりできるシステムが今のお役人にはないのでしょう。負債がとうとう1000兆円を超えた報道がありました。被災地の復興はすすみません。除染利権の発生も報道されています。
 お役人の数を減らすのはもちろんですが、当たり前の人間としての気持ち、この工事をとめられるようなお役人の志とシステムを作らなければなりません.


     2013-8-14


    キャリア制度の廃止
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#キャリア制度
    地方議員の半減
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#議員半減
    杉原千畝
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#杉原千畝







posted by 速魚 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72424323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック