2013年08月21日

原発の汚染水貯蔵 1,2 循環水システム

 原発の汚染水貯蔵 その1 

自衛隊のヘリコプターで水をまいていたころ、内閣府にメールで、消防船やタグボートには消化設備がついているので、鹿島コンビナートより派遣して炉心を冷やすのに海側から放水したらどうかと提言したことがありました。
結局折り曲げ式のコンクリートを流すタイプの車の使用になりました。今回も役に立たないかもしれません、元船乗りとして、あたり前のことを提言いたします。汚染水の貯蔵には、ひとつはタンカーの利用です。10万トン級の接岸設備があるとは思えませんが、沖アンカーして、そこに500−1000トンクラスの小型タンカーで中継することができます。次はタンクタイプの液状輸送コンテナーが統一規格としてあるので、大量に安く購入でき、保管も敷地にコンテナーヤードを作れば大量に積み上げて何段にも保管できます。最後にメガフロートの利用がどうのこうのという話があり、その後で清水の運搬に利用されたかどうか報道で確認できませんでした。

 自民党は原発維持の方針のようですので、事故対策で汚染水処理施設、注水ポンプ機能機能をもったメガフロートなりタンカーを常備しておくのが緊急対応で役に立つように思います。

    2013-4-16


   その2

 原発の今回の汚染水漏えいで事故のレベル3と報道されています。地下タンク対策と地上タンク対策も破綻しました。その原因はひとえに東電の泥縄対策にあるように思えます。今日のテレビ映像を見ていますと、敷地近くに民家があり、大きなスペースも見られます。これも地下水の対策と同様に東電ではできないようなので、政府が乗り出し、その敷地を購入して、間に合わないので後で購入することにして借りても、恒久的な貯蔵施設を建設するべきでしょう。
 地下タンクは廃棄物処理のゴム製で簡易なもの、地上タンクは現場で慌てて製造しているように見えました。タンクを作ったあとの漏水試験もまともにやっていなかったのでしょうね。この小生の船中発策のHPで述べているように、恒久施設のできるまでの一時的なタンカー貯蔵、コンテナタンクの利用をやってみたらどうでしょうか? 東電はずるく、こんな対応を続けて、国に徐々に移行していこうとしているのでしょう。東電の社員の給料を最高1000万円に制限しろよと、また誰も今まで責任をとっていない人災原発事故の責任者を処罰をせよと庶民感情では思います。

   2013-8-21



 imagesca68eoau[1].jpg
 コンテナタンクに汚染水を貯蔵


  cy1.jpg
 このようなコンテナヤードを作りコンテナ用フォークリフトで積み下ろしできる
  
  
 

  汚染水の循環システム

 大前さんが述べておられますが、汚染水を浄化して貯めるないし排水するという現行のシステムを循環させるものに変更したらどうかということです。 
技術的なことは分りませんが、それには汚染水を冷却する必要があります。未だに満足に使用できない高価な浄化装置でも最終的に残るものがあります。
それを海に捨てていいのかの議論もされています。このウエブで述べたコンテナ式のタンクを利用して、冷却システムは漏れないことのみ考慮すれば、度な技術でもありません。
 原発の周辺1キロぐらいはこの際に被災者の方に説得して戻ることを諦めてもらい、除染も無駄なので費用を節約して、買い上げて国有地にしたらどうでしょう。そこに汚染物質の貯蔵・汚染水の冷却施設やタンクを設置します。
 テレビで見かけますが、浄化装置の連結に固定的なものでなく応急のビニール系のパイプを今でも使用しているのでしょうか?応急対策ばかりで30-40年もかかる恒久的な対応が感じられません。 
シロートがこんなことを述べなければいけないほど、歯がゆいですね。

                 2013-11-11



  原発事故のセカンドオピニオン
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1031.html#セカンド2
  グリッドタイインバーター
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1031.html#グリッドインバーター
  官僚の志
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#官僚の志



  
posted by 速魚 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72964795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック