2013年10月04日

法人税減税と納付率


  中小企業が税金を納めているのは2-3割だといます。企業の得た利益から4割近くも税金を払うのなら、何とかして経費を膨らませようと考えるのは経営者として自然なことです。30億の利益があったけど、赤字企業を作って納税をゼロにした話を聞いたことがあります。ウチのお客さんだった人で、税理士さんから
ボートを買うように勧められたと聞きました。高級外車やボートが経費になるのでしょうね。1000兆円の赤字がある日本では、大部分の企業が税金を納めないのでは破綻近しです。国が成り立ちません。中小企業の納税比率を逆転させ、2-3割の企業しか納税しない制度にしなければなりません。消費税は8%に上がるのが決まりましたが、法人税を20-30%に下げても納付は7−8割の企業が納める制度が必要です。売上税にして法人税・個人所得税を下げるのが自論ですが、巷の議論になりそうもありません。細かいことを議論する能力はありませんが、例えば自動車・ボートは100万までは経費とか、過大な経費計上を制限する規定も設けなければなりません。赤字企業との通算を認めないとか、7−8割の企業が納税する制度が必要です。震災復興特別税を廃止したいようですが、現在は納めている企業がそもそも少ないのですから、成長戦略にはなりませんね。


     
     2013-10-4


    マイナンバー制度
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#国民番号
    皆税務調査・申告
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#税務調査
    金の小分け
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#金の小分け



posted by 速魚 at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77400048
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック