2013年10月30日

地中海孤島めぐり 1ー11 を終わって


 スペインはペセタを使用していた時代から、現在はEUに加盟しユーロになりました。小生はユーロになってからは欧州には行っていないので、スペインもこの時代とは随分と変わった思います。現在ではバレアレス諸島にあるイビザやフォルメンテーラの専用サイトもあるのを知りました。日本では大分と認知されてきたようです。
 でもスペインは物や食事が安かったから、にぎやかだった面もありますので、ユーロと同じ物価では観光客も減少したのではと懸念しています。今となれば古き良き時代のバレアレス諸島のお話ですので、なじみのあった方には懐かしく感じられた方もおられたと思います。


 これらのシリーズに掲載された文には1行抜けている部分がありました。原稿をコピーで保存してあったものをOCRで読み文章を立ち上げたものです。他にも不備があったと思います。記述者の佐野に聞いて判明いたしましたものは。今後修正して参ります。

 お読みいただきありがとうございました。

  著作権は佐野とOCSニュースに属します。

   2013-10-30


   追補 

 日本人のスペインに対する常識をスペイン人(バルセロナ在住)
に聞いてただす番組をやっていました

 日本の代表的なスペインイメージ

 1. 闘牛   闘牛場は閉鎖されて興行していない、モールに改造
         されているところあり
 2. フラメンコ   アンダルシア地方の地域文化 
 3. シェスタ   EUに入って以来、競争激化で昼寝している時間はない
 4. パエジャ   お祭りや特別なときにに食べる食物で日常では食べない
 5. 思い出せません スイマセン
 6. サクラダファミリア   行かないで眺めるのだそうです。
            何と言っても一番に行きたいところはイビザ島です  
            ユーロ高で北欧の観光客が激減しているのかと、
            思いきやあのクラブのハチャメチ文化が世界的な
            ブランドに成長していたのです。  

          2013-12-31  

     ヨットクルージング関係は専用サイトまで   http://gby.sblo.jp/ 
   
  カリブ海クルーズ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1044.html
  日本周航
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1033.html#日本周航
  輸入代行
  http://www.gentlebreezeyachts.com/
  ヨット・ボートの改革
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1030.html





posted by 速魚 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/79467017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック