2013年11月09日

新駅建設計画



 埼玉の地方都市で新駅の建設を問う住民投票が行われます。
地元の要望でできる請願駅になり。建設費の全額を地元で負担し、JRに寄付して運用を任せる駅です。計画では総額72億円で国から14億円補助があり、58億円の市民負担です。新駅は隣の市との中間地点に計画されています。その市は一切負担いたしません。利用する人の面積比は46対54で隣市のほうが利用人員は多いと予想されています。計画した市には駅があり、市の北側市民は利用しないものです。
 隣市にとっては、まったくありがたい計画です。隣市との建設計画を調整しないで、その是非を問うのですから、行政の責任放棄です。もし南側の住民の意思で決定されるならば、現在市庁舎を建築中なので,その費用から19億円を流用して新駅の借金は16億円となり、実質35億円の借金になります。市の借金総額は約300億円を超えるものになります。人口7万人の地方都市では大きな額です。関東の夕張市と言われるかもしれません。
 条例で住民投票が決まり12月15日が投票です。住民の意思を問うということで、民主的のように見えますが、どこかの国の対外援助のようなお人よし計画の住民投票といえましょう。議会と首長の認識と責任が問われます。財政再建はどうなりましたのでしょうか?

   投票結果
 http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#新駅投票

 
  2013-11-9


    売上税とは
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政
    財政破たんの先例
    http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#財政破たんの先例
    安保法案 緊急提言
    http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#安全保障 強行採決前に



    

posted by 速魚 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80280275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック