2013年11月25日

偶発戦争危機高まるか?



  中国が防空識別圏を尖閣諸島をカバーするものに決定したと通告しました。日本のそれと重なるこことになり、お互いにスクランブル発進した戦闘機同士が偶発的に戦闘に入る可能性高まりました。 最近ですが、日本の自衛艦に中国の軍艦がレーダーを照射したことがあります。これは射撃専用レーダーでしたので自衛艦に向けて引き金に手をかけたケースに当たります。アメリカ軍艦にこのようなロックオンをすれば間違いなく中国軍艦は攻撃されていました。
 自衛艦は軍事常識を知らない中国海軍から退避して事なきをえました。戦闘機なら一瞬の判断が必要なので、本当に難しい事態といえます。
 中国空軍が挑発で、どこまで行くと自衛隊や米軍が来るのだろうか?という軽い感覚でいるとすれば、戦争・戦闘を弄ぶ行為といえましょう。果たして中国共産党は軍を掌握しているのでしょうか?ソ連の赤軍大粛清も中国には無いし、革命からの軍と一体になった幹部は世代交代しました。日本の維新の政治家がいなくなり秀才軍事官僚が支配した戦前の軍部に近い状態ではないかと懸念しています。
 もし撃ち合うな戦闘があっても、落ち着ましょう。想定内です。戦闘と戦争は違います。
どちらにも戦争の意思がないのなら短期間の戦闘で終わります。ジタバタした方の負けになります。
 万一そのような事態には冷静に落ち着くのが大事です。 あおって書いているのではありません。
石垣島と宮古島には演習と称してパトリオットの対空中隊と対艦ミサイル中隊を配備しておくのもありでしょう。

     2013-11-25


   イプシオンロケットと核先制不使用条約
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#イプシロン
   中国のバブル崩壊と対外戦争
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#中国バブル崩壊と戦争
   戦後中国の戦争
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#戦後中国の戦争



posted by 速魚 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81366104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック