2013年11月28日

戦後中国の戦争 

   

  第2次大戦後の中国の戦争をまとめてみました。

 1949年     東トルキスタン侵攻
 1950年     チベット侵攻
 1950-53年  朝鮮戦争
 1959年     ダライラマ騒乱
 1952-62年   インド中国紛争
 1960-75年   ベトナム戦争
 1969年      ソ連中国紛争  ダマンスキー島
 1979年     越中戦争
 1984年    再越中戦争

 以上のように中国は国境を接する国と常に紛争してきたのが事実です。昨日にB52が中国が宣言した空域を飛行しました。中国とアメリカは長距離核ミサイルで対峙しているので、あえて原爆搭載可能なB52爆撃機で飛行して、その事実を中国に認識させようとしたのではないかと、神浦さんは述べておられます。日本も既成事実化を避けるために、航空機を今までどうり飛ばす必要があります。韓国もすでに実行したと報道されています。トラブルは戦争ではないので、冷静に対処することです。

           2013-11-28 

   追記

 習近平がインドを訪問したときに、中国とインド国境で中国からの砲撃がありました。中国の政治が軍部を押さえていないという事実を白日の下に晒しましたという事件でした。

     2015-6-15

 
   偶発戦争危機高まるか?   
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#偶発戦争
   中国のバブル崩壊と対外戦争
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#中国バブル崩壊と戦争
   ソフィン戦争
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#ソフィン戦争



posted by 速魚 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/81586429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック