2013年12月16日

新駅建設の住民投票結果


 昨日に行われたJRの在来線の新駅の住民投票結果が判明しました。 投票率62.34%で前回の市長選が53.82%ですので関心が高かったといえます。 建設反対26,804票 賛成8,353票です。隣の市の中間に位置する駅にもかかわらず隣市は建設費を一切の負担もせず、市長はこの選挙の説明会に顔をださず、隣市との交渉にも誠意がみられないところから、行政の責任問題に発展するかもしれません。元からある駅の西口広場は6億円かけて改築したばかりです。この計画も必要性が高かったとは小生は思いません。そんなに老朽化していたわけではありません、数十年は問題なかったでしょう。そもそもこのような計画は国からの補助金のシステムに問題があるようです。駅前広場も今申請しないと建設費の半分近い補助金がでないという理由でした。今回の新駅も72億円の建設費が51億円で済むことからの計画でしょう。7万人の人口で35億円の借金は負担が多すぎます。南北戦争ともいわれ市民を分断してしまいました。
 自治体の意識は財政破たんの危機感が少なく、目先の補助金のあるなしだけが判断の基準です。1000兆円の借金が減らないわけです。国と地方の統治システムを見直さない限り補助金の問題も解決しないですね。

                         2013-12-16

  追記

  市長選挙の結果、新駅推進派の市長は退陣しました。

         2015-7-29



  新駅建設計画
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#新駅
  かんぽの宿・ハコノノ大後悔時代
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1.html#かんぽの宿ハコモノ
  鎌倉古道を探る
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank006.html#鎌倉街道top





posted by 速魚 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82636930
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック