2013年12月18日

税理士の改正


 税理士の試験が改正されようとしています。この制度事体日本独自の制度でグローバルなものに合わせようとする動きではないようです。公認会計士や弁護士が今まで税理士と同様な仕事をしていたのを、税理士のみに限定しようとしています。税理士が過剰で需給調整をしようというなら、税務署を退職したお役人に無試験で税理士にする制度を改めるべきでしょう。

 徴税は簡素で公平・公正なものでなければなりません。義務教育を終えた国民には誰でも自分で申告できる制度にするべきでしょう。学校教育のなかでパソコンを使った申告を教えるべきです。税務申告にかかるコストは税金の2重徴収です。

 知事選挙の応援ボランテイアに行ったことがありますが、そこで目にしたものは、税理士の方が同業の人に電話かけという合法的な選挙活動を一生懸命にされていました。税理士の本質が法で守られて成り立つ業務ゆえかなと思いました。
 税制が簡素なら税理士の必要は多忙な人のみになりますね。TPPの交渉をしていく中で日本の税理士自体がが関税障壁として、世界標準の会計士となり、税理士が無くなってもおかしくないほどですね。

2013-12-18


   皆税務調査.申告
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#税務調査
   国民番号制 マイナンバー
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#国民番号
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#ナンバー
不動産取引の規制
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1039.html#不動産規制



posted by 速魚 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82737288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック