2013年12月23日

農水省を産業省へ統合



明治の時に農商務省として発足し1925年に農林省と商工省に分かれました。農林水産畜産部門の現在の産業に占める役割は小さなものになっています。古い特殊権益のみを保護擁護し、新しい取り組みの阻害となっています。今までの補助金たよりの行政を刷新する意味からも産業省に統合して農水省を廃止したらどうでしょうか?
 TPPの交渉が年内妥結に向か交渉がすすんでいます。農業部門の交渉がどうなるかまだ分かりません。
これを機会に農業・水産業は産業の1部として今までの特殊性を脱却して新しいものとして伸ばしたい。
 テレビでハーゲンダッツのアイスクリームの原料として作っている北海道の牛乳生産地の組合の話をやっています。科学的手法で乳や牧場の土を分析して最適な資料を与えて良い牛乳を生産しています。成果もでていてニュージランドの大臣がそこへ視察に来る位です。また各地の特徴のある産品を養殖のエサに混ぜて与えるところから、ゆずやミカンの香りだするハマチやサバが養殖されています。フランスのような産地のブランド化も有効な手段でしょう。新しいものに取り組みサポートできるシステムが必要ですね。減反政策もやっと改正されます。
 もっともダメで保守的な官庁と言われる農林省・外務省の改革をしましょう。

             2013-12-23

   農家の過保護是正 その1&2
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#農家保護
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#農家過保護その2
   減反政策廃止
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1012.html#減反
食料自給率のウソ  日本は世界第5位の農業大国
   http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html#食料自給率のウソ





http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html
posted by 速魚 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83033506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック