2013年12月28日

米良美一さん おやめください

米良美一さん   おやめください ・ 頑張ってくださいに訂正!
  

         
mera.png

米良さんは古楽好きの愛好家のなかで、レコードでしか馴染みのなかったカウンターテノールに日本人が登場したのかと,大いな驚きでありました。おまけに、もののけ姫で大衆レベルの人気を博すまでにも広げてくれた最大の貢献者です。そのあとの世代が続々と登場して、名前の覚えられないほど日本人のカウンターテナーがいます。珍しいソプラニスタの岡本知高まで活躍するようになりました。 彼の音楽大学在学中でもカウンターテノールは学校内にも理解者が少ない時代でした。古楽ファンあこがれのアムステルダム音楽院に彼は留学したパイオニアです。
 ワイドショー的な事件も起きましたが、それでおやめくださいと言っているわけではありません。おやめくださいというのは、楽器での表現には、それにふさわしい音色や音があります。曲もそうです、それにあう楽器や歌声があります。カウンターテノールにふさわしい、作曲家がそのために作った作品が多くあります。米良さんの澄んだ透明な美しい音色は、彼がやりたいと思っていることより、もっとふさわしいものがあるのではないでしょうか。人の育ち方はそれぞれで、その境遇からは逃れられないし、それで培った共感なくしては表現できないのも事実です。本人のやりたいと思っていることを、他人が言うことではありません。おやめくださいは言い過ぎです。こちらにも目を向けてくださいと言ったところですね。 
 美輪さんのヨイトマケは歌だけでなく役者的な表現も加わり、すばらしいものになっています。敵いません。老古楽愛好家の失礼なひとりよがりな表明ですが、米良さんにはもっとふさわしい表現があるように思います。人間の才能はその内容を必ずしも本人が自覚しているわけではありませんね。日本の歌でも本人が好きで歌謡歌手よりは大変いいのですが、彼でなければというものではありません。
 カウンターテナーに対しての個人的な好み、男性的な容貌の人がなよなよとして繊細な表現で歌うことに関しては米良さんがかなえてくれません。それはしょうがないです。今後のご活躍を期待いたします。
 余計ですが バロックアリア集を今アマゾンで注文しました2000円余りです。

 ヨイトマケの歌     米良美一  7分
   http://www.youtube.com/watch?v=3sLrjNyuMgQ

 ヨイトマケの歌   美輪明宏     6分
   http://www.youtube.com/watch?v=G9pmz4lEQTM

 もののけ姫   米良美一    3分
   http://www.youtube.com/watch?v=8v9DzfEUt9A

 バッハ BWV54  Widerstehe Douch Der Sunde 米良美一  6分
   http://www.youtube.com/watch?v=7Y-SnYKvvQw

 ヘンデル   メサイアより  米良美一   3分
   http://www.youtube.com/watch?v=yBNcqGT7Rz8&list=RD7Y-SnYKvvQw
  
 バッハ/グノー  アヴェマリア  米良美一   3分  いいね
   http://www.youtube.com/watch?v=pvlxNqgd4Y4

 ヘンデル オンブラマイフ  米良美一    3分  いいね
   http://www.youtube.com/watch?v=G8Bgcuhu_9c

 グノー  ロマンス ファースト  米良美一   3分
   http://www.youtube.com/watch?v=t9S-QTxqkl0

 ああ はかない愛よ    米良美一   3分 いいね
   http://www.youtube.com/watch?v=l60BIF5jAs4

 カシーニ アマリリ麗し   米良美一   3分
  http://www.youtube.com/watch?v=oZR7D-2pjzA

                  2013-12-28

  頑張ってください! に訂正させてください。

 昨年の12月にクモ幕下出血で入院されたと、今頃になって知りました。
この病気は自分の母親も病み2年余りの闘病で亡くなりました。とても精神的なことが再発に影響します。
自分がやりたいようにやるのが一番良いことです。彼の透明な清らかな声は類をみないものですので、これからも末永く頑張ってください。失礼いたしました。

     2015-4-13

追記

  無事退院されて、コンサートを開かれるという報道がありました。
声のリハビリも大変だったと思います。 前以上のご活躍を期待いたします。
 あわてずにゆっくりとおやりください。

     2015-9-14


速魚による船中発策の古楽・映画・音楽のページへ

http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank.html






posted by 速魚 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/83240162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック