2014年02月11日

富裕層の責務 

  
  塩野七海さんは最初の西欧行が、ブランドのレポート記事を書くことで渡欧されたと読んだ記憶があります。確かにオシャレですね。また彼女がブランドものをバーゲンセールで買ってきて、ほくそえんでいると、メードさんからマダムはそんなことをするものではありませんとたしなめられます。
 ヤンキースの田中投手の関連報道で、奥さん連中が応援に球場に行く際にはジーパンにTシャツ姿では怒られるのだそうです。フアンの夢をこわすようなことをしてはいけない。里田まいさんもご注意ください。
 マイクロソフトのビル・ゲーツは最近の報道では会長を辞めるようです。彼のラフなスタイルは有名です。けれど1兆円余りの寄付をしています。

 欧米ではマリーナで短パンのラフなスタイルのおじさんや老人がメガヨットのオーナーだったりします。 日本ではこれ見よがしのマリンスタイルで着飾った大型ボートのオーナーがマリーナを顕示して歩いていたりしますが、あちらでは見かけることはないですね。だんだん話がそれてきましたが、あちらのステータスのある人々にはヨット・ボートの所有は当たり前です。
 日本の富裕層はまだ成金文化ですが、西欧の富裕層にはそれなりのふさわしい生活をしなければならないのが西欧の文化・責務です。
 日本の富裕層もベンツやロールスロイスはもちろんですが、メガヨットを購入してあちらのセレブと艇のことやクルーズのことを話題にできないようでは、人文的な教養のない人だと思われ自分のビジネスも発展させられません。実際あちらのメガヨットのオーナーは専属クルーを10何人も雇入ますが、年にほんの少ししか利用しない現実もあります。
 最後はだから小生が艇もメンテもお世話しますと言ってしまうと、これまでの書いたことを台無しにしますね。この責務のないお気楽な老生より。

         2014-2-11

  元首ダンドロの場合
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#社会・時代の教育
  富裕層の航海
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#富裕航海
  白洲正子自伝
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#白洲正子
  緒方貞子
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#緒方貞子






posted by 速魚 at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87024927
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック