2014年03月12日

またもや負けたかハブ港湾

ヨットクルージング関係は  http://gby.sblo.jp/ 左記専用サイトまで 

                    ZIM_PUSAN.jpg
                      

 フロリダから新艇のボートを日本へ海上輸送しています。もう10年以上もコンテナ船にボート・ヨットを積んでいません。船賃がコンテナ6個なら良いほうで、コンテナ船の大型化により12本や24本分の運賃を請求されるようでは、高すぎてコンテナ船では積んでこれないのです。
 コンテナ船の破断で明らかになったように、日本を代表する郵船や商船三井が共同運航するほど積荷を集約しなければやっていけないのが船会社の現状でしょう。

 今回の船会社は何とサンフランシスコよりロシアの港へ日本を通過して上海へ直行です。日本に寄港する日程はありません。それで上海で小型コンテナ船フィーダーに積み替えて日本まできます。 今回利用した船会社はドサ回りの感があり、アメリカから2か月余り期間を要することもあってコンテナ船としては運賃が安く2個分ですみました。
 工場が海外に移転してしまい、中小のコンテナヤードは多数あるけれど、大型船は入りにくく、港湾コストがバカ高い日本の港はハブ港湾としては勝負にならないのでしょう。日本の港湾・空港行政は、あちこちでオラが県にもコンテナヤードを欲しいという要求を満たすのみの視点で建設してきた、ゆえに中小の港湾が乱立してグローバルな要求を満たすことができずに、神戸震災後に凋落していきました。

 本日、上海より2週間かかり積み替えて横浜に無事到着しました。
 1/3 サバンナ出港
 2/27 上海入港
 3/9 上海積み替え出港
 3/12 横浜入港  
 荷物のサイズによりますが、今回の30f位なら妥当な運賃でこの船会社なら使えそうです。
日本の船会社ももっと頑張ってほしいものです。

     2014-3-12


 輸入代行のページへ
 http://www.gentlebreezeyachts.com/
 輸送費の怪
 http://hayame2.sakura.ne.jp/details1002.html#%E8%BC%B8%E9%80%81%E8%B2%BB%E3%81%AE%E6%80%AA
 ヨットクルージング専用サイト
  http://gby.sblo.jp/





posted by 速魚 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90271869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック