2014年03月15日

天才つぶしと小保方さん  



  いまにも小保方さんの論文を取り下げるような状況になっています。小生は怒り心頭に達しています。
こんなことをしていては日本の将来はありません。
秀才に頼るガラパジャパンは絶滅です。秀才指導の汎用品生産では世界の市場では戦えません。じり貧日本を迎える運命になります。
 例えが失礼ですが、死刑囚に最後まで母親が愛して見捨てなければ執行前に悟り更生するチャンスがあるか-もしれません。天国へ行けるのです。
 小保方さんに対してはそんな応援団が支えなければなりません。
今となっては、彼女は脇が甘かったようですが、天才は天才ゆえ万能ではありません。政府は再現実験を奨励する予算を組んで後押しすべきです。
今でも2-3人のひとが再現実験に成功すれば、一気に流れが変わりまたマスコミは賞賛しだすのでしょうか。
マスコミの上げて下げてグリコの2度おいしい本質を皆が理解すべきでしょう。
 やっかみと嫉妬の日本を抜け出すのです。
これからは天才にしかこの日本を変えて向上させていけません。

- ウカウカしていると、成長戦略が見えてこないアベノミクスがつまずき財政破たんは目の前にあるかもしれません。

      2014-3-15

  追補

 昨日に副センター長笹井芳樹さんが自殺しました。最悪の結果です。下世話な報道までありました。マスコミが殺したといえましょう。気が引けたたのか天才であったのに惜しい人を亡くしたというような報道をしています。小保方さんが心配です。
個人あての遺書は公文書ではありません。当人が受け取っていないのに公表されています。人生最後のプライバシーの侵害でしょう。
 小保方さんは再現実験にますます精をだしてください。できなくてもあとで何かを切り開いた人と記憶されるでしょう。頑張ってと言ってはイケナイ状況に追い込まれています。
 落ち着いてゆっくりと取り組んでください。

     2014-8-7

小保方さん本人による再現実験はできなかったと報道されました。科学のことは誰でもあとからできる普遍性が必要です。本人でもできないことをなぜ公に発表したのかは疑問が残ります。遅かれ早かれ露出することですから。文系の理論のように彼とは考えが違うのだと言い逃れのできないのが科学ですから。

    2015-1-12

  追補2     

  アメリカの研究者グル−プでSTAP現象が報告されていた。 日本の大手のマスコミは報道していないようです。 挙げては落とし下げては持ち上げるマスコミもあんなに貶めたので今回は遠慮しているのでしょうか?

 真実は闇の中で時間が立って歴史が証明するのでしょう。下記をご覧下さい。

   STAP細胞現象の記事

            2016-3-19

  STAP事件 盗まれた
    武田邦彦 STAP事件真犯人

  https://www.youtube.com/watch?v=u5eopnR7uv4
  https://www.youtube.com/watch?v=pnkCcXPvOrQ

     2019-3-3  

 
 
  

  速魚による船中八策の教育改革のページへ

  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html

  教育の目標と評価
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#教育目標
  小学生の教育目標
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1018.html#小学の教育目標
  映画 イミテーションゲーム
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#エニグマ






posted by 速魚 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90519976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック