2014年03月17日

マスコミの人間宣言


 NHKの会長発言や作家百田氏の発言が注目されています。
個人的見解と個人の信条なので、公的立場には抵触しないとの
コメントです。
 新聞や放送事業・マスコミは公正・公平・中立であるように皆が
望むし、法律でもそのように規制されています。でもマスゴミとも言わ
れて信頼が揺らいでいます。
 最近では自衛艦おおすみの事故報道では4-5日はこれでもか
と報道していましたが、1週間もすると続報がパタリとやみ、後は
海難審判所の判決まで報道がないでしょう。取材の結果はどうな
ったんですか?ただお役所の発表を広報していただけでしょうか?
 冬のオリンピックの報道では、金メダル確実だと圧力かけまく
りで選手をつぶしてしまいました。そうかと思うとランキング2位の
ボードの女子選手は銀メダルとるまでノーマークでした。

 マスコミは今でも大きな権力を持ち世論形成では大きな力を持
っています。その権力を持っいるという自覚が無いようですが責任
があります。
 かっての日比谷の焼き打ち、国際連盟離脱の促進、開戦への
世論誘導など問われなければなりません。戦後は一転して一億
国民総ざんげで責任を回避しました。良いマスコミを持たない国民
は悲劇であります。

 天皇陛下ではありませんが、マスコミも人間宣言してはどうで
しょうか。公平・公正・中立などのから解放して、トヨタ・ソニーの利
益追求の企業でいいのでは?もちろん製造物責任の法は適用さ
れます。欠陥報道には責任があります。NHKは民間放送になり
広告をすればいいでしょう。受信料は無料になります。新しく理事
になった女性はNHKの報道が気に食わないと受信料を拒否して
いた報道がありました。そこでこの理事が辞めるまでの支払い拒
否は、今のNHKのままでは正当とされるでしょうね。人間宣言して
政府の意向に反する報道も自由にやればいい。
 マスコミは平和を求める紙面作りには熱心ですが、フォークランド
戦争・湾岸戦争・イラク戦争のときの紙面の熱狂ぶりはすごかった
です。戦争は新聞・テレビの最大の利益につながるがる事柄です。
前の大戦でも、もちろんそうでした。煽って儲け・貶め儲けてグリコ
でないけど2度おいしい。小保方つぶしも同様です。
 これを中立・公平だとやられたのではたまりません。スポーツ紙の
ように読者がその程度の内容だと分って楽しめれば害にはなりま
せんが。
 マスコミは利益追求を最大の目的としているとはっきり宣言しま
しょう。

 友人からマスコミについて下記のコメントをもらいました。
 @情報の取り扱いについて、ネットメディアが台頭し、記者クラ
ブ発ではない   情報が流れるようになってはじめて、日本人は
多様な情報の存在に気づき、それらを比較できる環境に身を
置くことになった。
 Aそこで、発信者がすべての情報の「出典」と「信頼性の度合い」
を明らかにすることが、全体の「情報リテラシー向上」につなが
るのではないか。

2014-3-17


速魚による船中八策の国政改革のページへ

http://hayame2.sakura.ne.jp/details1022.html





posted by 速魚 at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90609936
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック