2014年05月17日

統合失調症・未成年の殺人事件



 国民投票法で18歳以上に選挙権を与える法律が通過する状況になってきました。 普通の議員選挙もおいおいそうなるでしょう。

 最近やたらと切り付け事件が起きます。今度の事件も容疑者の統合失調症の疑いが報道されています。詳細は裁判で明らかにされると思います。

 容疑者が精神的な病と判断されると、無罪・不起訴・罪の軽減がされています。容疑者が起こした罪が殺人事件になった場合のみは未成年も同じですが、現状の法令・判決を変更して、無罪はなしでもちろん死刑もなしですが、通常人の犯行と同等の判決を下すよう、法律を改正すべきと考えています。取り返しのつかない殺人事件になった場合のみです。

 統合失調症の人が普通の人より殺人を犯す確率は高いわけではありませんが、無罪はないでしょうという気持ちです。法学を学んだ人には心神喪失状態責任能力がないのは無罪となるのは常識でしょう。麻薬や覚せい剤の使用での犯罪でも殺人になった場合の情状酌量はなしです。未成年が罪軽いのを承知で殺人におよんだのではどうしようもない。殺人の場合は子供でも10歳くらいから罪に問えるように改正すべきと考えますが、どうでしょうか?

          2014-5-17

追補
 佐世保で女子高生の同級生殺人事件が起きました。未成年のうえに精神的な問題まで関係しているのではないかと思わせる今回の事件です。何も恨みがなくて友人関係のある人から殺されるのでは、被害者はたまりません。おまけに連日に写真つきで報道されています。
被害者の写真は加害者と同様に初めての報道の時と裁判の判決があったときなど制限をつけるべきでしょう。今度の事件も容疑者の厳正な対処を望みます。

         2014-7-29


  災害の自己責任と共済
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#災害共済
   映画 イミテーションゲーム
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#エニグマ
   運動会の中止
  http://hayame2.sakura.ne.jp/new1.html#運動会の中止


posted by 速魚 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96705791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック