2014年05月30日

警察の効率


 お役人の効率作業化

 昨日に札幌で行方不明になっていた女性が近くの公園で遺体で発見されました。被害の女性は警察に知らせてくれと携帯をして、すぐに行方不明になりました。 翌日にはいつものように長い棒を持った警察官が捜索にあたった報道がされています。 500メートルしか離れていないのに、もっとも重要捜査地点の公園にあったにもかかわらず遺体を見つけることができませんでした。これ見よがしの大量動員のようにも見えましたけれど。犯人がほとぼりが冷めたとみて運んだ可能性もあります。
 
 アメリカの映画やドラマでよく目にしますが、あの銃が氾濫している米国でさえ、パトカーに乗ったパトロールでは一人乗務で勤務しています。日本でのパトカー勤務を現在の2人態勢を変更して、単独勤務にして倍に増車して密に市中警戒をするようにしたらどうでしょうか?
 幸いにして日本は銃社会でないので、犯人が刃物を振りかざすケースが多いでしょう。今の警察官の武装で十分対処できます。警察官のヘルメットのカメラと位置表示できる機能を装備するなど、それに対応した装備を検討しなければなりませんが。応援が必要なら倍になった他のパトカーをすぐ救援に派遣できます。必要な現場急行が容易になるでしょう。

 現在の警察の非効率はお役所的な体質で警察官に限ったことではないでしょう。機器の進歩がありますので、今までのとうりで良いとは考えないで、変えていって欲しいものですね。

       2014-5-30

  ドローン規制
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#ドローン規制
  警察のすぐやる課
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#すぐやる警察
  市民警察補助隊
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#l市民警察
  保安官制度 その1 その2
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#保安官
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#地方検察官その2



posted by 速魚 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98391121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック