2014年05月31日

真のリーダーとは  塩野七海による

                               brea.jpg
                             トニー・ブレア


  塩野七海さんが説得力ある雄弁とは敵を味方に変えることだと言っています。つまり相手に存在理由を与えながら、自分も損しないで相手を味方に変えていく技法です。
 そして英国の元首相のトニー・ブレアを挙げています。彼は労働党の政策は組合の言いなりにはならないと労働組合の総会で演説します。
 リーダーは尊敬されたり偉いとおもわれるだけではダメですね。ヌケたところがあって俺たちがしっかりしなくてはと思わせたときに完璧になります。
 知的階級とそうでない階級の違いは、抽象的な議論ができることにあると。だからリーダーは民衆に訴えるときには具体的な言葉を使うのが良策です。

    2014-5-31



追記 
      
  2015年10月25日のCNNインタビューで元ブレアイギリス首相が、我々が受け取った情報が間違っていたという事実を謝罪すると述べた。イラク戦争に関して公式に謝罪した。また政権排除後に何が起きるかについて、一部の計画や我々の理解に誤りがあったとも認めた。フセイン政権を倒したこと自体については、謝罪しようとは思わないと述べた。

      2015-10-29



  鈴木貫太郎
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#鈴木貫太郎
  老兵は消え去るのみ
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#老兵
  孫正義
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#孫正義
  フリードリッヒ2世
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1024.html#フリド2生涯




  
posted by 速魚 at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98494064
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック