2014年06月17日

米国の避難民救助・優先順位   

   
   集団的自衛権の行使の与党協議の具体例で米艦を守る想定が議論されています。オタクの間では乗船の優先順位が決められていて日本人はアングロ諸国民の乗船で空きがあった場合のみの乗せてもえることはよく知られた話です。自衛艦が護衛している米艦には日本人が乗船していないケースは大いに有りなのに、同盟としての日本の地位の議論が先でしょう。と、云う話です。朝日新聞の6月16日をお読みください。

 米軍が海外の自国民らを救出・保護する優先順位

 1.米国籍
 2.米国の永住許可者
 3.英国民ら
 4.その他ー日本人はこの順位

 安全保障の大事な問題を与党だけで決めればいいような雰囲気で進行しています。このまま行くと海外に派兵するのに内閣の判断だけで憲法を無視して行うことになりそうです。

 同盟の義務を果たす・こちらにも義務を行使してもらうには、解釈で逃げないで、ちゃんと憲法を改正して行ってほしいものです。やることは同じ結果でも、民主主義の基本を踏まえた憲法に立脚した派兵がやるとしたら必要です。

              2014-6-17

  新ガイドライン改定 2015年
  http://hayame2.sakura.ne.jp/99_blank004.html#新ガイドライン
  枝野幸男さんの憲法9条
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1016.html#枝野9条
  外務省のクーデターと官僚コントロール
  http://hayame2.sakura.ne.jp/details1010.html#外務省クーデター







posted by 速魚 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99969817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック